貞心尼像【Teishinni】
親鸞聖人へ  【仏像彫刻作品集に戻る】  花童子へ

貞心尼
貞心尼
材料:桧  寄木造り  座1尺  本体約33cm

貞心尼(1798〜1872)
 寛政10年、長岡藩士の娘として生まれる。文化11年、小出町の医師と結婚したが、5年後に死別し実家に帰った。まもなく柏崎の閻王寺で剃髪し貞心尼と称した。文政10年古志福島村の閻魔堂庵主となったが、その秋、越後の名僧・良寛を島崎に尋ね、歌道・仏道を中心に親交を密にした。良寛没後、天保6年に互いに読み交わした相聞歌を『蓮の露』としてまとめた。

貞心尼
SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー