仏師・山崎祥琳のプロフィール
 
 新潟県長岡市鳥越の浄覚寺の現住職。京都の大谷大学・大学院時代に、宗学を学ぶ傍ら、京仏師に師事し、修養を積む。帰省後、長岡市・新潟市を中心に仏像彫刻教室を主催。門下生に正統派の仏像彫刻技術を伝授。「新潟仏像美術展」を新潟市で定期開催。日本画においても、穂刈春雄師の薫陶を受け、県の芸術展で奨励賞を受賞。新潟県内の寺院を中心に仏像や仏画を納入。
 
名 前 山崎祥琳 やまざきしょうりん 本名:山崎考祥
職 業 仏師 兼 浄土真宗浄覚寺の31代住職
生年 昭和26年
住 所 新潟県長岡市鳥越乙1172  アクセス
郵便番号 940-2316
電話番号 0258-46-5804
FAX番号 0258-46-5804  (H18 5月から変更)
【祥琳の作風】
・最高の品位 ・優しく美しいお顔
 京仏師の伝統技法により、後世まで残る最高級の技術と品位を保証します。
 優しいお顔で心に呼びかける品位溢れる御仏作りが信条です。
心優しく、優雅で、荘厳な・・・
 
【祥琳の略歴】
昭和26  浄覚寺 第一子として誕生
昭和48  京仏師に師事、修養する
昭和50  京都 大谷大学大学院修了
昭和57  長岡市で「祥琳仏像彫刻教室」を開講 「仏像美術展」主催
   以降 新潟・長岡市で定期開催 (市教育委員会の後援となる)
昭和59  新潟市で「祥琳仏像彫刻教室」を開講
平成02  UX新潟テレビ21 番組放映 『美術散歩・山崎祥琳』
平成21  長岡大和デパートで個展開催
   現在初老     若い頃の写真(笑)
 
        【代表作品】    
・大日如来像 ・釈迦如来像 ・地蔵大菩薩像 ・観音菩薩像 ・白衣観音像 ・阿弥陀如来像 ・不動明王像 ・聖徳太子像
 

トップページへ 祥琳仏像彫刻へ

 
 
SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー