阿弥陀如来像【Amida-Nyorai】
サルナート仏陀へ  【仏像彫刻作品集に戻る】  白檀 薬師如来へ

白檀 阿弥陀如来 白檀 阿弥陀如来
白檀 阿弥陀如来
材料:白檀  一木白木造り  本体高約23cm  7寸仏

 お東形式、針光背、台座は古代型の総白檀製。
 インド産の最高級香木「老山白檀」を材料にして足の裏から髪の生え際までの大きさが7寸の阿弥陀如来像を白檀の白木仕上げで作りました。近頃なかなか「老山白檀」が手に入らなくなっていますから、大切に彫り上げました。
 飴色がかった白檀特有の色合いと香気が落ち着いた雰囲気を醸し出します。総白檀製ですが、いわゆるお東型針光背の針だけは祥琳考案の、真鍮をテーパー状に加工し金メッキを施したもので、シャープな美しさがあります。
 7寸仏は仏壇に入れるには少し大きめですが、お顔の相好がよく見えて、お参りしても張り合いがあります。左右の手だけは別材で作って貼り足します。眉毛や目、口髭などは細い面相筆で描き、白毫と肉髻珠はガラスを加工したものをはめ込んであります。ギラギラせず、落ち着いた雰囲気を出しています。
 台座は蓮弁9枚5段の45枚葺き、古代型です。 制作過程はこちら

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー